メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

眞鍋知子の街を元気に

/56 いつか、平和記念資料館へ 広島の街、語るために /石川

改修工事中の広島平和記念資料館=眞鍋知子さん提供

 先週数年ぶりに広島を訪れた。初任地が広島市であったことは前回述べたが、当時の教え子が結婚式に招待してくれたのだ。彼が卒業論文を書いている途中で金沢大学に異動したので、最後まで指導することができなかったという心残りがあった。しかし、彼の人柄もあってその後も交流が続いている数少ない広島の教え子である。

 今回の再訪でどうしても行きたい場所があった。「風の人」として県内はほとんど行き尽くしたはずだったのに、肝心のあの場所を訪問することはなかった。そのことがトゲのように心に引っかかっていたことを、しばらく前に思い出したのだ。

 それは昨年9月、金沢在住の友人のSNSに「生まれて初めて原爆ドームと広島平和記念資料館を訪れた」と…

この記事は有料記事です。

残り959文字(全文1270文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです