メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

セクハラと日本社会

大阪大大学院教授の牟田和恵氏

 セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)被害のなくならない日本社会の実相を浮き彫りにした前財務事務次官らのセクハラ発言問題。告発した女性被害者がインターネット上などで中傷を受ける「2次被害」も出ている。欧米諸国で抗議運動が広がりを見せる中、「セクハラなき世界」を日本で実現するにはどうしたらいいか。

声上げた被害者に支援必要 牟田和恵・大阪大大学院教授

 男性上司から性的中傷を受け、退職に追い込まれた女性が1989年に日本で初めてセクハラの違法性を問う裁判を起こし、92年に勝訴した「福岡セクハラ訴訟」から30年近くがたつ。刑法に「セクハラ罪」をおくフランスや、連邦政府の独立機関が雇用上の性差別について強い調査権を持ち、直接企業を訴えることができる米国などには及ばないが、日本でも、企業にセクハラ防止の配慮を求めた改正男女雇用機会均等法の成立(97年)以降、それなりに対策は進んできた。

 そんな中で起きた前財務事務次官や麻生太郎財務相の一連の対応、発言にはあきれるばかりだ。なぜ、政権中…

この記事は有料記事です。

残り4111文字(全文4555文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです