メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

カンヌ映画祭 是枝監督に最高賞 世界の心揺らす「問い」=小林祥晃(東京学芸部)

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、日本や海外の記者に囲まれる是枝裕和監督=フランス・カンヌで5月19日、小林祥晃撮影

 5月19日に閉幕した第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞のパルムドールに輝いた。日本人監督の作品としては21年ぶりの快挙だ。この作品がなぜ「世界最高峰」の映画祭で最も高い評価を得たのか。そして是枝監督は何を伝えようとしたのか。現地で感じたことや監督の言葉を振り返りながら考えてみたい。

 映画祭中盤の13日にあった公式上映後、是枝監督が日本の報道陣らに話したエピソードが印象に残っている…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2018文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです