メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

カンヌ映画祭 是枝監督に最高賞 世界の心揺らす「問い」=小林祥晃(東京学芸部)

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞し、日本や海外の記者に囲まれる是枝裕和監督=フランス・カンヌで5月19日、小林祥晃撮影

 5月19日に閉幕した第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞のパルムドールに輝いた。日本人監督の作品としては21年ぶりの快挙だ。この作品がなぜ「世界最高峰」の映画祭で最も高い評価を得たのか。そして是枝監督は何を伝えようとしたのか。現地で感じたことや監督の言葉を振り返りながら考えてみたい。

 映画祭中盤の13日にあった公式上映後、是枝監督が日本の報道陣らに話したエピソードが印象に残っている…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2018文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. ORICON NEWS 内田也哉子、母・樹木希林さんの思い代弁 助演女優賞に「死人に賞をあげるなんて物好きねえ」
  5. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです