メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝

対立と融和70年 核・制裁、危機繰り返し 史上初の首脳会談へ、最終調整(その2止)

 ◆裏切られた国際合意

2002年

 1月、就任2年目のブッシュ米大統領は北朝鮮をイラン、イラクと共に「悪の枢軸」と呼ぶ。米朝関係は1990年代前半に続く「第2次核危機」を迎えた。

 まず浮上したのは、新たな「ウラン濃縮技術」取得疑惑だった。02年10月、北朝鮮の姜錫柱(カンソクチュ)第1外務次官が、大統領特使として訪朝したケリー国務次官補を代表とする米国代表団に、ウラン濃縮による核開発を認めた。

 米国は衝撃を受ける。北朝鮮が約束を破ったことに加え、パキスタンによって核が拡散されたためだ。当時、…

この記事は有料記事です。

残り3845文字(全文4092文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです