メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火

鮮やか1万3000発の大輪 京都競馬場

夜空を彩る鮮やかな花火=京都競馬場で2018年5月30日、飼手勇介撮影

 京都市伏見区の京都競馬場で5月30日夜、音楽に合わせて約1万3000発の花火を打ち上げる「京都芸術花火2018」(実行委員会主催)があった。洋楽や邦楽のヒット曲に合わせ次々と大玉が打ち上げられ、観客約2万4000人を楽しませた。

 実行委によると、市内での大規模な花火大会は2005年に同競馬場で開催されて以来13年ぶり。各地で花火イベントを開催している会社が、文化庁の京都移転決定記念や観光振興などを目的に市や市観光協会などに呼びかけて実現。スタンド席が7560円など全席有料だっ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]