メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火

鮮やか1万3000発の大輪 京都競馬場

夜空を彩る鮮やかな花火=京都競馬場で2018年5月30日、飼手勇介撮影

 京都市伏見区の京都競馬場で5月30日夜、音楽に合わせて約1万3000発の花火を打ち上げる「京都芸術花火2018」(実行委員会主催)があった。洋楽や邦楽のヒット曲に合わせ次々と大玉が打ち上げられ、観客約2万4000人を楽しませた。

 実行委によると、市内での大規模な花火大会は2005年に同競馬場で開催されて以来13年ぶり。各地で花火イベントを開催している会社が、文化庁の京都移転決定記念や観光振興などを目的に市や市観光協会などに呼びかけて実現。スタンド席が7560円など全席有料だっ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです