メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

マリ・泥のモスクの壁塗り より美しき その高みへ

モスクの尖塔に泥を塗り始める男たち=マリ・ジェンネで2018年4月15日、写真家の長倉洋海さん撮影

 西アフリカの内陸国マリ。その首都バマコから東北東へ574キロのところに、13世紀から学術と文化の中心地として栄えた町ジェンネがある。その中心にあるのが土と木で造られ「泥のモスク」として名高いグランドモスクだ。

 4月15日、年に1度のモスクの泥壁塗りが始まった。朝5時、まだ暗いうちからモスクの前に人々が集まり出す。門が開くと、男たちはいち早く、壁のくいを伝って登り始めた。目指しているのはモスクの尖塔(せんとう)、一番の「晴れ」の場所で壁塗りをするためだ。明るくなってくると、モスクにつながる道路いっぱいに、泥を運ぶ男たちがやってくる。雄たけびを上げながら、必死の形相で突進してくる姿に圧倒された。私もカメラも泥だらけになるが、シャッターを切り続ける。三つある門のまわりは大勢の女や老人、子どもたちが取り囲み、民家の屋上に設置された巨大スピーカーからは大音量の音楽が流れ、人々が楽器を鳴らしな…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです