メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんばれ!マリーンズ

今年の「挑発」はアンビグラムで 交流戦ポスター、逆さで違う字に /千葉

 開催中のプロ野球セ・パ交流戦を盛り上げようと、千葉ロッテマリーンズが毎年恒例の「挑発ポスター」を作製した。10回目の今年は、逆さまにしたり、角度や見方を変えたりすると別の文字に読めるアート「アンビグラム」を活用。一見すると相手チームに敬意を表した文字が、実は挑発しているという仕掛けになっている。

 阪神タイガースは、ファンが熱唱する「六甲おろし」の「六甲」を逆さまにすると「334」と…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです