メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=木葉健二撮影

 今の日本は、こういう国になっている。

 (1)何か問題が起きた時、過去の記録を調べようとすれば、その記録は破棄・改ざんされている可能性がある。

 (2)法案を作成するための資料も、政権の都合のいいようにデータが捏造(ねつぞう)されている可能性がある。

 (3)万が一、文書が発見された場合、その文書に記載されている人物は記憶を失うことがある。

 そして今、一国の首相が、国会で何度も嘘(うそ)をついたのか、そうでないのかが問われている。2017…

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです