メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

障害者の法定雇用率、どう変わった? 0.2ポイント引き上げ 義務対象も拡大=回答・夫彰子

身体や知的、精神などさまざまな障害者が障害のない人とともに働く社会福祉法人「共生シンフォニー」=大津市で2018年4月24日、夫彰子撮影

 なるほドリ 企業(きぎょう)が障害者(しょうがいしゃ)を雇用(こよう)しなければならない割合(わりあい)が上がったんだって?

 記者 法定雇用率(りつ)のことですね。障害者にも働くチャンスを広げることを目指す「障害者雇用促進(そくしん)法」が4月に改正され、民間企業は従来(じゅうらい)の2%が2・2%になりました。3年以内に、さらに0・1ポイント引き上げられます。従来は対象(たいしょう)外だった精神(せいしん)障害者(発達障害者を含(ふく)む)の雇用も義務(ぎむ)付けたので、対象となる障害者が増え、法定雇用率も引き上げたのです。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです