メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

障害者の法定雇用率、どう変わった? 0.2ポイント引き上げ 義務対象も拡大=回答・夫彰子

身体や知的、精神などさまざまな障害者が障害のない人とともに働く社会福祉法人「共生シンフォニー」=大津市で2018年4月24日、夫彰子撮影

 なるほドリ 企業(きぎょう)が障害者(しょうがいしゃ)を雇用(こよう)しなければならない割合(わりあい)が上がったんだって?

 記者 法定雇用率(りつ)のことですね。障害者にも働くチャンスを広げることを目指す「障害者雇用促進(そくしん)法」が4月に改正され、民間企業は従来(じゅうらい)の2%が2・2%になりました。3年以内に、さらに0・1ポイント引き上げられます。従来は対象(たいしょう)外だった精神(せいしん)障害者(発達障害者を含(ふく)む)の雇用も義務(ぎむ)付けたので、対象となる障害者が増え、法定雇用率も引き上げたのです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです