メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

最期の選択/3 母に胃ろう、6年間 「生きて」の一念で

老人保健施設で母親に話しかける藤井文則さん(右)=山口県長門市で2017年12月14日、茶谷亮撮影

 年老いた母はベッドに寝たきりで、おなかには管で胃に水分や栄養を入れる「胃ろう」の穴が開いていた。この6年間、笑みを浮かべたことはなかった。

 山口県長門市の藤井文則さん(77)は4月15日、市内の老人保健施設に足を運び、一つ年を重ねた母の郁代さんに花束を贈った。「母さん、明日も来るね」。いつものように語りかけたが、返事はない。母は96歳の誕生日を迎えた翌朝、静かに息を引き取った。郁代さんは2012年、自宅の台所で突然倒れた。脳梗塞(こうそく)だった。病院で緊急手術を受けたが、右半身のまひで言葉は話せなくなり、食べ物ものみ込めなくなった。

 父は文則さんが3歳の頃に戦死。母は女手一つで文則さんと弟を育てた。親戚から「1人を養子に」と請われ…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  2. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  3. 金曜ロードSHOW! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が地上波初放送 ノーカットで
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. 露大統領 平和条約締結提案、日本が拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです