メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

羽生選手に来月授与 故郷を励まし励まされ 「被災地にとって明るい光に」

 羽生は日本スケート連盟を通じて発表したコメントで「この賞が被災地やスケート界にとって明るい光になることを願っております」と、地元に思いをはせた。

 2011年3月11日に東日本大震災が起きた時、16歳だった羽生は郷里の仙台市のリンクで練習していた。大きな揺れが起きると、スケート靴を履いたまま命からがら外へ逃げた。避難所生活を経験し、リンクは閉鎖。その後は全国を転々としながら練習した。

 今年2月17日。羽生は五輪連覇を達成した直後の取材で震災について問われ、考え込んだ。その後の記者会…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文651文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. カルビー 加熱すると…ポテチ出火で販売中止
  4. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです