メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連

安保理「パレスチナ市民保護」を否決 米が拒否権

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は1日、パレスチナ市民の安全と保護を求める決議案を否決した。米国が拒否権を行使した。米国はパレスチナ関連決議で拒否権を使い続けている。

     決議案は、イスラエル軍との衝突でパレスチナ市民に多くの死傷者が出たことを受け、非常任理事国のクウェートが作成した。ロシア、中国、フランスの常任理事国3カ国を含む10カ国が賛成し、英国、オランダ、ポーランド、エチオピアの4カ国が棄権に回った。

     米国のへイリー国連大使は「イスラム組織ハマスこそが平和の最大の障害だ」と述べ、ハマスに言及しない決議案を批判し、拒否権行使を宣言した。米国は、ハマスをテロ組織と非難する決議案を提出したが、米国以外の賛成は得られず、否決された。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
    2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです