メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

故郷を励まし、励まされ 羽生が思いはせ

パレードに駆けつけた沿道の人たちの歓声に応える羽生結弦選手=仙台市青葉区で2018年4月22日、喜屋武真之介撮影

 フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)に国民栄誉賞が授与されることが1日、決まった。羽生は日本スケート連盟を通じて発表したコメントで「この賞が被災地やスケート界にとって明るい光になることを願っております」と、地元に思いをはせた。

 2011年3月11日に東日本大震災が起きた時、16歳だった羽生は郷里の仙台市のリンクで練習していた。大きな揺れが起きると、スケート靴を履いたまま命からがら外へ逃げた。避難所生活を経験し、リンクは閉鎖。その後は全国のリンクを転々としながら練習した。

 それから7年がたとうとしていた今年2月17日。羽生は五輪連覇を達成した直後の取材で震災について問わ…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  4. 「まこちゃんを救って」 難病の高校1年生、半年内の手術必要 同級生らが募金スタート
  5. 記者のこだわり 性暴力をなくすには 「魂の殺人」被害の男女が語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです