メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モノローグ

子どもの笑顔「元気の源」 札幌市・伊藤善彬さん /北海道

孫のような「げんきくん」と二人三脚で歩んできた腹話術をする伊藤善彬さん=札幌市中央区で2018年5月28日、竹内幹撮影

 「ミナサン、コンニチハー、今日は僕のおじいちゃんを連れてきました」「何言ってるの。おじいちゃんが『げんき』を連れてきたんでしょ」。伊藤善彬(よしあき)さん(81)の腹話術は軽妙な語り口で始まる。右手で巧みに首や目、口を操ると生き生きと動き出す30年来の相棒「げんきくん」は本当の孫のような存在だ。

 長年教員を務め、札幌市の小学校に勤務していた…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです