メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パンダ保護の伝道師(その1) 大粒の涙、乗り越え

 「ジャイアントパンダは何で可愛いと思いますか?」。JR上野駅構内(東京都台東区)で開かれたトークショー。上野動物園の前園長で日本パンダ保護協会会長の土居利光さん(66)が聴衆に問いかけた。

 「あのフォルム、それからカラーリング……」。照れながら答える女性に、土居さんは「半分以上、正しい。もう一つは、大人になってもあまり形が変わらないこと。人間の赤ちゃんが何かしゃぶったり、食べたりしているような感じに見える。その仕草が必然的に可愛いと思うんです」。

 なるほど。人々に納得の表情が浮かんだ。あまりに見慣れて、かえって言葉にしにくいその魅力を的確に語る…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです