メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

12時間以内に傷処置を=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 日常生活で経験する傷にもさまざまな種類があることをご存じですか。

 前回に引き続き、形成外科医が専門とするキズのケアについてお話します。

 すり傷(擦過創)、切り傷(切創)、刺し傷(刺創)、うち傷(挫創、挫滅創)など、ケガの原因や発生状況によって、異なるタイプの傷ができます。

 擦過創は、転んで体の一部を地面にこすりつけた際などにできる傷です。真皮内にとどまる浅い傷で早期に治ることが多いのですが、皮膚の浅い部分は神経が過敏で強い痛みを伴います。そこに砂や泥などの異物が付着し、除去されないまま治ると、黒いアザとして残ってしまいます。

 ですから、キズケアの専門家は、局所麻酔をして痛みを感じなくした上で、清潔なブラシや先の細いピンセッ…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです