メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

「堂々巡り」のモリ・カケ問題 首相指示で喚問を

 <access>

 「堂々巡り」「水掛け論」--森友・加計学園問題の国会審議について、幕引きを意識してか与党からそんな声が出始めている。だが、そこから脱する方法が一つある。安倍晋三首相自身が当事者の証人喚問を指示することだ。【和田浩幸】

 「将棋に例えれば、首相はもう詰んでいるのに、まだ駒を動かしている。新たな資料を突き付けられて、不自然な否定を繰り返すので議論が堂々巡りにしかならない」と、国会の仕組みに詳しい元慶応大講師(政治学)の南部義典さんは指摘する。

 野党6党派は疑惑の鍵を握る首相の妻昭恵氏や親友の加計孝太郎理事長の証人喚問を求めることで一致してい…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文979文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
  5. 東京高裁 ワンセグ、2審もNHK契約義務 受信料訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]