メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

最期の選択/4止 透析やめ「おうちで」 家族の絆、深めた20日

人工透析を自ら中断し、亡くなる数日前の洋子さん(手前)。夫豊さんが車椅子を押し、よく通った自宅近くの高台を訪れた=豊さん提供

 「お願いがあるんだけど。お父ちゃん、来世も一緒だよね」。鹿児島市内の病室で、高松洋子さん(当時80歳)は、見舞いに来ていた夫の豊さん(83)につぶやいた。「当たり前だろ。お前はいい女だ」。洋子さんはにっこりと笑い、自宅に帰りたいと伝えた。

 2012年9月、大腿(だいたい)骨を折って入院していた洋子さんが突然口にした言葉。豊さんは妻の覚悟を感じ取り、自宅に連れ帰った。

 慢性腎不全の洋子さんは、15年前から週3回、人工透析を続けてきた。腎機能の低下で骨がもろくなり、腰…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1574文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです