メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

超高齢社会を生きるには=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 最近、「人生100年時代」という言葉をよく耳にします。イギリスのグラットン教授らが著書「ライフシフト-100年時代の人生戦略」の中で、2007年生まれの日本人の半数は107歳まで生きると強調し、注目されました。いにしえより、長寿はめでたいこととされています。しかし、昨今、医療・福祉・介護・年金などの社会保障分野における負担増や、高齢者のケアに必要な人材不足などの理由で、超高齢社会を否定的にとらえる風潮が広まっています。また、お年寄りに尋ねても、「楽しいことがないから早くあの世に行きたい」といった答えが返ってくることもよく経験します。

 私は、1950年の生まれで、生まれたときの平均寿命は58歳とされていました。平均寿命とは、その年に…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです