メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モリ・カケ問題

堂々巡り…首相「指示」で証人喚問を

衆院予算委で質問を受ける安倍晋三首相=国会内で2018年5月28日、和田大典撮影

 「堂々巡り」「水掛け論」--森友・加計学園問題の国会審議について、幕引きを意識してか与党からそんな声が出始めている。だが、そこから脱する方法が一つある。安倍晋三首相自身が当事者の証人喚問を指示することだ。【和田浩幸】

 「将棋に例えれば、首相はもう詰んでいるのに、まだ駒を動かしている。新たな資料を突き付けられて、不自然な否定を繰り返すので議論が堂々巡りにしかならない」と、国会の仕組みに詳しい元慶応大講師(政治学)の南部義典さんは指摘する。

 野党6党派は疑惑の鍵を握る首相の妻昭恵氏や親友の加計孝太郎理事長の証人喚問を求めることで一致してい…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文991文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです