メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

J・M・W・ターナー スノードン山、残照 水彩で描いた理由は

ターナー「スノードン山、残照」=1798~99年、水彩・スクレイピングアウト・紙、縦52・7センチ横75・6センチ、エディンバラ・スコットランド国立美術館蔵(c)Trustees of the National Galleries of Scotland

 誰でも一度は描いたことがある水彩画は画材の入手や扱いがたやすいイメージがある。だが英国を代表する風景画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの画業は、それ抜きに語れない。制作数は、格上とされる油彩画が約300点に対して水彩画は約2万点に及び、重要な作品も多い。なぜだろう。

 「数多く手掛けた本の挿絵の原画に用いたので数が押し上げられている面がありますが、そもそもターナーは水彩が自身の創作に最も適した画材だと考えていました」。本展の日本側監修者、福島・郡山市立美術館主任学芸員の富岡進一さんはそう説明する。透明感があり、微妙な濃淡を表現できる水彩は流れる大気や霧、にじむような光の描写におあつらえ向き。早く乾き、携行にも便利。スケッチ旅行にしばしば出かけた彼にとってまさに“金棒”だったのだ。

 英国特有の背景もあった。「当時、水彩画は非常に盛んで人気もありました」と富岡さん。要因の一つが17…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文927文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 台湾 特急「普悠瑪」号が脱線 18人死亡、168人負傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです