メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

ジャスティンのG7=福本容子

 カナダで初めて男女半々の内閣を作ったジャスティン・トルドー首相だから、かなり痛かったのではないかな。スポーツ・障害者相のケント・ヘアさんが1月末、セクハラ疑惑で閣僚辞任に追い込まれた件である。

 州議会議員時代、エレベーター内で女性職員に「いい体してるね」みたいな意味の発言をしていたらしい。

 女性の活躍、反セクハラを唱えてきたトルドーさんだから、当然記者会見では厳しい質問が飛ぶ。「セクハラや性暴力では、被害者の訴えを信じ、支えてあげることが肝心です」と即答していた。

 驚いたのは4月の与党党大会。セクハラの研修会を併せて開き、トルドーさんはもちろん、セクハラで閣僚辞…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです