メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラから目線

ジャスティンのG7=福本容子

 カナダで初めて男女半々の内閣を作ったジャスティン・トルドー首相だから、かなり痛かったのではないかな。スポーツ・障害者相のケント・ヘアさんが1月末、セクハラ疑惑で閣僚辞任に追い込まれた件である。

 州議会議員時代、エレベーター内で女性職員に「いい体してるね」みたいな意味の発言をしていたらしい。

 女性の活躍、反セクハラを唱えてきたトルドーさんだから、当然記者会見では厳しい質問が飛ぶ。「セクハラや性暴力では、被害者の訴えを信じ、支えてあげることが肝心です」と即答していた。

 驚いたのは4月の与党党大会。セクハラの研修会を併せて開き、トルドーさんはもちろん、セクハラで閣僚辞…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです