メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高度な演奏技術が必要で、譜面に書き留めることができる……この点において、クラシックとジャズは血縁である。これは世界中で同じ曲の演奏ができ、国際化が進むことを意味する。

 欧州ジャズの名レーベルECMから「フォー・トゥー・アキズ」(ユニバーサル)でデビューしたドラムスの福盛進也はバークリー音大に学び、ECMの本拠地ドイツで活動していた。サックス、ピアノ、ドラムという変則トリオで、宮沢賢治、滝廉太郎らをモチーフにしたシンプルで知性的な演奏はジャズの新たな地平を開く。

 ピアノとトランペットの“二刀流”という驚きの2枚組みアルバム「インフィニット・クリーチャー」(ポニ…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文710文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです