メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨がんサミット

がん患者の就労支援 「企業も知識深めて」 治療以外の相談窓口も /山梨

 がんの治療をしながら働く人が増えている。がん患者は見た目から症状が判断できないため「職場の理解が得られない」として仕事を辞めてしまうケースも少なくない。がんに対する社会の理解不足を指摘する声は根強いが、がん患者の就労を支えようとする動きが県内でも見られるようになってきた。【加古ななみ】

 4月22日、甲府市の県立図書館で公開討論会「山梨がんサミット」が開かれた。

 がんに特化したがんセンターや労災病院がない山梨。サミットはNPO法人がんフォーラム山梨の主催で20…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです