メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

泉佐野市の職員がつくった消防分団って? /大阪

平日の勤務時間に出動 「機能別」活用啓発や避難所支援

 なるほドリ 泉佐野市の職員で消防分団をつくったって聞いたよ。何で?

 記者 市役所分団は4月、30~48歳の職員10人で発足しました。平日の勤務時間中に火災などが起きた時、現場へ向かいます。地域の住民が参加し、24時間、消火活動に駆けつけるイメージの従来の消防団員とは別に「機能別団員」という制度を活用しています。家庭や仕事の都合、年齢による体力の限りがあっても、啓発活動や災害が起きた時の避難所支援など、できる範囲で活動する団員です。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです