メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

がんゲノム医療、草創期 変異の発見容易に 薬限られ、治療効果に課題

がんゲノム医療の中核拠点病院と連携病院数

 がん患者のゲノム(全遺伝情報)を調べて治療に生かす「がんゲノム医療」が広がりをみせている。4月に全国100カ所以上の病院でスタートしたほか、国立がん研究センターがゲノム医療に関する情報を集約する管理センターを今月1日に開設した。一方、治療効果が見込めたりする患者はわずかで、遺伝性のがんが見つかった場合の告知のあり方など課題は多い。【酒井雅浩、阿部亮介】

 「まだ先に可能性があると知ることができ、希望が持てた」。千葉県船橋市の薬剤師、浮田一信さん(60)…

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2216文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  3. 行政ファイル 高崎のすし店で19人食中毒 /群馬
  4. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです