メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 挑戦者・羽生善治竜王-佐藤天彦名人 第3局の10

味の良い王手 観戦記・加藤昌彦

 佐藤は[後]5七歩(図)を利かして[後]7六歩だが、歩を使ったために[後]7七歩成[先]同桂[後]7六歩の攻め筋がなくなってしまった。

     羽生は思い切って、[先]3四桂と銀を取りながら後手陣の急所に迫る。「歩のない将棋は負け将棋」の格言が頭の中に浮かんできた。

     後に戻れなくなった佐藤は、[後]7七銀と打ち込んだ。[先]6九玉に[後]8一飛と金取りに出るが、[先]5四歩が厳しかった。歩があると[後]5五歩で止まるが、後手には歩がない。

     佐藤は仕方なく[後]8五飛だが、銀を取りながら[先]6四角の王手の味が、あまりにも良すぎる。

     先手玉も[後]6八金の詰めろで危険だが、羽生はしっかり読んでいた。

     感想戦では出なかったが、[後]8五飛のところで[後]5五銀と捨てる手がある。これには[先]同角[後]同角[先]同銀[後]8五飛[先]6四角[後]4一玉[先]5九玉で、[後]8七飛成がきわどく詰めろにならないので[先]5三歩成で先手の勝ちになる。[後]8九竜と王手を続けても、[先]4八玉がぴったりである。

     [後]4一玉(本日終了図)で2日目夕の休憩に突入した。名人戦でこんなに激しい切り合いを観戦したのは、久しぶりである。佐藤にとっては苦悩する休憩時間になってしまった。勝負の世界は厳しい。

     [先]5七同金 13 [後]7六歩

     [先]3四桂  43 [後]7七銀 21

     [先]6九玉   1 [後]8一飛

    ◎[先]5四歩   2 [後]8五飛  2

     [先]6四角     [後]4一玉

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです