メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 挑戦者・羽生善治竜王-佐藤天彦名人 第3局の10

味の良い王手 観戦記・加藤昌彦

 佐藤は[後]5七歩(図)を利かして[後]7六歩だが、歩を使ったために[後]7七歩成[先]同桂[後]7六歩の攻め筋がなくなってしまった。

 羽生は思い切って、[先]3四桂と銀を取りながら後手陣の急所に迫る。「歩のない将棋は負け将棋」の格言が頭の中に浮かんできた。

 後に戻れなくなった佐藤は、[後]7七銀と打ち込んだ。[先]6九玉に[後]8一飛と金取りに出るが、[先]5四歩が厳しかった。歩があると[後]5五歩で止まるが、後手には歩がない。

 佐藤は仕方なく[後]8五飛だが、銀を取りながら[先]6四角の王手の味が、あまりにも良すぎる。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです