メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【写真1】

 じめじめとした梅雨シーズン。気温も湿度も高い日が続くと、キッチンや風呂場にカビが生えないか気になる。掃除の際、気をつけるポイントは?

 ●スクイジーが活躍

 カビなどの微生物による被害防止について研究している衛生微生物研究センター(東京都葛飾区)によると、カビが生えるのは湿度80%以上の条件下。室内湿度が80%以下でも、カビの胞子が付着した表面に水分と栄養となるほこりや汚れがあれば発生してしまう。カビ防止には風通しを良くして湿気を逃がすことに加え、水滴をこまめに拭き取ることが大切だ。

 家事代行サービス「CaSy(カジー)」スタッフとして多くの住宅掃除を手がけてきた豊島由佳梨さんは、…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです