メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

選択広げ、転勤での離職防ぐ

1カ月のうち2週間、東京都内で働く日出美紗子さん=東京都墨田区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 共働き世帯にとって、配偶者の転勤は悩ましい問題だ。労働市場や社会の変化により、「別居か離職か」という二者択一ではない選択肢が生まれている。現状と課題を探った。

 ●出産間近に控え

 「広島に転勤になりました」--。昨年3月、ウエディングプランナーの日出(ひので)美紗子さん(31)は、スマートフォンに届いたメッセージに目を疑った。送り主は人材会社勤務の夫(31)。第1子となる長男(1)の出産を3日後に控え、病院から帰る途中だった。オーダーメード挙式を手がける「クレイジー」(東京都墨田区)に入社して約1年半。会社近くのマンションに住み、出産後は早めに仕事に復帰するつもりだった。

 夫は単身赴任を覚悟した。一方、日出さんには家族が離れて暮らすことは考えられなかった。出産後の2カ月…

この記事は有料記事です。

残り2191文字(全文2546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです