メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・おかん飯

西原理恵子と枝元なほみ/今回の料理 アボカドの肉巻き

これなら男子も!

 アボカドが好きなのですが、主人は「食感が嫌い」だと言います。(大阪市北区の大矢優子さん)

    西原 男子はアボカド食べない派が多いですよね。見た目が悪いから? ヌルヌルしているから?

    枝元 なので今回は肉巻きにします。男子は何でも肉で巻いちゃえば大丈夫じゃない? まずはアボカドを半分に切りまして……。

    西原 すてきだなあ、この緑。

    枝元 それを切り落としの牛肉で巻いて、塩といろいろなスパイスをふります。メキシコ風にクミンやオレガノ、チリパウダー、ガーリックパウダーなどを混ぜちゃいます。

    西原 以前食べたことのあるパウダー「エダモンスペシャル」ですね。家じゅうにあるスパイスを入れちゃうっていう(単行本「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯」収録の「鶏のスパイシーグリル」参照)。これは「エダモンの粉」って商品にして売りたいものの一つです。

    枝元 アボカドの原産地をイメージして、今回はメキシカンなパウダー。シンプルに塩コショウでもOKよ!! アボカドって女子はみんな好き。

    西原 うん、世界中の女子が「私が美しくなるために」って食べていますね。唯一、どんな時間帯に食べてもいいものです。

    枝元 それに肉を足せば男子も食べるでしょっていう安易な感じで、最初は豚肉かなと思ったんですけど、考えたらアボカドは中南米なので牛肉にしようと思って。

    西原 向こうのお肉は脂身がなくておいしくないから、アボカド入れたらトロになる。南米で食べた牛肉は筋張って全然おいしくなかった。「重労働にあえいだ牛」っていう味。すごいつらい人生を歩んでいる。

    枝元 確かに痩せているかも。海外の牛はよく動く動物なんですね。

    西原 肉を巻いたアボカドって、生ハムメロンに似ていますね。見た目がとてもきれい。しかもこれ牛肉だから、ちょっと生焼けでも大丈夫。

    枝元 スパイシーだからビールが進む。ご飯にのせて、しょうゆ少しとワサビも合うと思うんですよ。

    西原 エダモンさんの名ゼリフ「困ったら肉で巻け」。ぜひお試しください。マグロにアボカドでトロになるでしょ? 安いお肉が最高級の霜降り「A5」になりますよ。【構成・矢澤秀範、写真・手塚耕一郎】


    材料<2人分>

    ▽アボカド    1個

    ▽牛切り落とし肉 200~250グラム

    ▽塩小さじ    1/3

    ▽A(クミン、オレガノ、チリパウダー、ガーリックパウダーなど各適量)

    ▽オリーブ油   適量

    作り方

    <1>アボカドは縦半分に切り、種を除いて皮をむき、8~10個のくし形に切る。Aと塩を混ぜる。

    <2>肉にアボカドを一つずつのせ、端から巻く。

    <3>フライパンにオリーブ油を熱し、(2)の巻き終わりを下にして中火で焼き、スパイスと塩のパウダーをふる。

    <4>両面を焼いて、好みでレモンを添える。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
    4. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
    5. 民泊 違法物件、数千件掲載 新法施行後 エアビーが削除へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]