メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 錦織、力負け8強逃す

ティエムに敗れた錦織=AP

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第8日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第19シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れ、2年連続3度目のベスト8進出はならなかった。

 錦織は序盤からストローク戦で優位に立てず、ミスも目立った。第3セットを奪ったものの、過去2戦全勝の相手に初黒星を喫した。

 第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はカレン・ハチャノフ(ロシア)にフルセットで競り勝ち…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです