メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

安田記念 モズアスコットV

 競馬の第68回安田記念(G1)は3日、東京競馬場の芝1600メートルに16頭が出走して行われ、9番人気のモズアスコット(クリストフ・ルメール騎乗)が1分31秒3で重賞初勝利をG1で飾るとともに、1着賞金1億1000万円を獲得した。ルメール騎手、矢作芳人調教師ともこのレース初勝利。

     連闘で出走したモズアスコットは中団を追走。最後の直線の残り200メートルから鋭い末脚を発揮し、先に抜け出した5番人気のアエロリットを首差かわした。3着には1番人気のスワーヴリチャードが入った。

    5度目でマイル王

     ○…9番人気のモズアスコットが鮮やかな差し切りで春のマイル王に輝いた。「(他馬に)ぶつけられて内側に押し込められる形だったが、前にスワーヴリチャードがいたのでマークしていった。最後は反応良く、しっかり伸びてくれた」とルメール騎手。コンビ5度目でG1初勝利となり「フランケルのような有名な馬の子に携わってG1を勝つことは、騎手として楽しい」と喜んだ。

     矢作調教師はG14勝目で、安田記念は延べ14頭目の挑戦で初勝利。「やっと勝てた。本当にうれしい。この馬は上昇度が大きい。フランケルの子だし、将来は世界的な種牡馬になってほしい」と話した。


    モズアスコット

     4歳牡馬、父フランケル、母インディア。生産地は米国。馬主はキャピタル・システム。戦績は11戦5勝、重賞初勝利。獲得賞金は2億2113万5000円。


    ◇第68回安田記念◇

    着順 枠番 馬番              着差

     1<5>(10)モズアスコット(ルメール)1分31秒3

     2<2> (4)アエロリット       首

     3<1> (1)スワーヴリチャード    3/4

     4<1> (2)サトノアレス       1/2

     5<8>(15)サングレーザー      首

     6<3> (5)ペルシアンナイト     1馬身1/4

     7<8>(16)ウインガニオン      2

     8<7>(14)リスグラシュー      首

     9<5> (9)レッドファルクス     首

    10<4> (7)ウエスタンエクスプレス  1馬身1/4

    11<4> (8)キャンベルジュニア    1/2

    12<3> (6)レーヌミノル       3/4

    13<6>(12)ヒーズインラブ      1

    14<2> (3)ダッシングブレイズ    頭

    15<6>(11)リアルスティール     頭

    16<7>(13)ブラックムーン      頭

    【単】(10)1570

    【複】(10)410(4)290(1)160

    【枠連】<2><5>4170

    【馬連】(4)(10)7370

    【馬単】(10)(4)15290

    【3連複】(1)(4)(10)6560

    【3連単】(10)(4)(1)63280

    【ワイド】(4)(10)2100(1)(10)1020(1)(4)680

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです