メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西野Jのトレンド

サッカー/2 出身所属の変化 ユース組、徐々に増え

W杯各大会の日本代表選手の出身母体

 サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)初出場から今回のロシア大会で20年。Jリーグが始まった1993年からも四半世紀が過ぎ、日本代表選手の最終出身母体(プロになる直前の所属)も変化してきた。

 98年フランス大会はユース(プロクラブの下部組織)出身者はブラジルで育ったFW呂比須のみ。大学出身が11人で、高校出身の10人より多いのが時代を表している。

 Jリーグが各クラブに育成プログラムの展開を義務づけたことから、その後はユース出身者も徐々に増えた。…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文474文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです