メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コープこうべ

電力小売り事業好調 環境志向高まりで

コープこうべに電力を供給している宝塚すみれ発電3号機を紹介する井上保子社長=兵庫県宝塚市山手台東で、目野創撮影

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区、組合員約168万人)の電力小売り事業が好調だ。天然ガス火力や太陽光、バイオマスといった環境負荷が比較的少ない電源にこだわり、契約数は昨年4月の事業開始時の約1万3500世帯から、約2倍の約2万6000世帯(4月末現在)に増加した。背景には、割安感だけでなく、需要側と供給側の環境志向の高まりがあるようだ。【目野創】

 コープこうべは関西電力の送配電網を利用して兵庫県や京都、大阪両府内の一部に電気を送っている。電源は…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. ストーカー治療 元加害男性、通院で自覚「二度としない」
  5. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです