メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外イチロー、第一線退く意向 球団に伝える
コープこうべ

電力小売り事業好調 環境志向高まりで

コープこうべに電力を供給している宝塚すみれ発電3号機を紹介する井上保子社長=兵庫県宝塚市山手台東で、目野創撮影

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区、組合員約168万人)の電力小売り事業が好調だ。天然ガス火力や太陽光、バイオマスといった環境負荷が比較的少ない電源にこだわり、契約数は昨年4月の事業開始時の約1万3500世帯から、約2倍の約2万6000世帯(4月末現在)に増加した。背景には、割安感だけでなく、需要側と供給側の環境志向の高まりがあるようだ。【目野創】

 コープこうべは関西電力の送配電網を利用して兵庫県や京都、大阪両府内の一部に電気を送っている。電源は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです