メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

出産経て4大大会復帰 36歳セリーナ

 テニスの4大大会で通算23度の優勝を誇る女子の元世界ランキング1位、セリーナ・ウィリアムズ(米国)がグランドスラム復帰戦の全仏オープンで順調に勝ち上がっている。2日の3回戦では第11シードのユリア・ゲルゲス(ドイツ)に6-3、6-4で快勝した。昨年9月に出産した36歳の女王は大会の話題の中心を担っている。

 優勝した昨年1月の全豪オープン後に長期離脱したため、現在は世界451位。今回は離脱直前の順位が適用…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文522文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです