メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

錦織、赤土巧者に力負け ストローク戦で劣勢

 テニスの全仏オープン第8日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第19シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れ、2年連続3度目のベスト8進出はならなかった。

 力負けだった。右手首の負傷で長期離脱し、4大大会に復帰した錦織は、2年連続で全仏4強の赤土巧者、ティエムの多彩なサーブ、ストロークに対応しきれず「(自分に)期待していた分悔しい」。強敵との戦いは苦いものとなった。

 ティエムは今季ただ一人、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)をクレーコートで破ってい…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです