メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

錦織、赤土巧者に力負け ストローク戦で劣勢

 テニスの全仏オープン第8日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第19シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れ、2年連続3度目のベスト8進出はならなかった。

 力負けだった。右手首の負傷で長期離脱し、4大大会に復帰した錦織は、2年連続で全仏4強の赤土巧者、ティエムの多彩なサーブ、ストロークに対応しきれず「(自分に)期待していた分悔しい」。強敵との戦いは苦いものとなった。

 ティエムは今季ただ一人、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)をクレーコートで破ってい…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです