メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全仏テニス

錦織、赤土巧者に力負け ストローク戦で劣勢

 テニスの全仏オープン第8日は3日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス4回戦で第19シードの錦織圭(日清食品)は第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れ、2年連続3度目のベスト8進出はならなかった。

 力負けだった。右手首の負傷で長期離脱し、4大大会に復帰した錦織は、2年連続で全仏4強の赤土巧者、ティエムの多彩なサーブ、ストロークに対応しきれず「(自分に)期待していた分悔しい」。強敵との戦いは苦いものとなった。

 ティエムは今季ただ一人、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)をクレーコートで破ってい…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです