メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ラマダンお買い得商品ヒヨコマメ」と書かれたスーパーの値札(中央)。断食明けの食事のために、この時期は人々がたくさんものを買います

 フランス北部・ノルマンディー地方にあるルーアンという町に、フランス語習得のため今年の4月から留学しています。フランス語はほぼゼロからのスタート。新聞記者の仕事を離れ、留学生の目で見て気になったことをあれこれ日記風につづっています。

 イスラム教の人たちにとって神聖な期間とされるラマダンが、先月から始まっています。この月の間は日中、断食をすることが知られています。フランスは人口の約1割がイスラム教徒。私の住むルーアンでも、ラマダンらしい光景を目にします。

 夕暮れにはまだ早い午後6時ごろ。散歩していると行列が現れました。店の中をのぞき込むとアラブ風菓子や…

この記事は有料記事です。

残り2265文字(全文2543文字)

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです