メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

錦織、全仏8強ならず「自分のミスがほとんど 何もできてなかった」(スポニチ)

テニス全仏オープン第8日(2018年6月3日 パリ・ローランギャロス)

 男子シングルス4回戦で、世界ランキング21位の錦織圭(28=日清食品)は同8位のドミニク・ティエム(24=オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れ、2年連続の8強入りはならなかった。2日の女子シングルス3回戦では、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)がストレート勝ち。同じく元世界1位のマリア・シャラポワ(31=ロシア)との4回戦に駒を進めた。

     勝ち上がれる自信があったからこそ悔しさが募った。「彼も良かったけど自分のミスがほとんど。何もできてなかった」。試合を左右したのは序盤の大きな出遅れ。「足が動いてなかった。彼の高く重いボールに雑な入り方をしていた」と錦織は自分を責めた。

     乾いたコートで高く跳ねる相手のボールを抑え込めず、どんどん押し下げられた。高確率で決まってくるティエムのサーブにも苦しんで手も足も出ない状態。第1セット第6ゲームからは9ゲームを連取され、セットカウントはあっという間に0-2に開いた。「緊張して動けなかったわけでもない。自分でもよく分からない」。第3セットは徐々にペースを取り戻し、第12ゲームで初ブレークに成功。一矢報いたものの、第4セットは再び先行されて追いつけなかった。クレーシーズンで復活を遂げ「誰に対しても勝つチャンスはある」と自信を深めていただけに、「そんなに落胆はしてない。でももう少しいきたかった」と4回戦での終戦を惜しんだ。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
    3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
    4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
    5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです