メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 李琴峰さん 性的少数者の境遇描く

 ■独り舞 李琴峰(り・ことみ)さん 講談社・1728円

 台湾出身の著者が初めて日本語で書いた小説だ。心に傷を持ったレズビアンの主人公が死を考えながら、台湾、日本、豪州と越境する。性的少数者(セクシュアルマイノリティー)の街頭行動「プライドパレード」の場面が象徴的に描かれ、悲痛な物語を現実社会とつなげている。「必要とする人に届いたらうれしい。何かの励ましになればいいなとも思う」と話す。

 主人公は台湾から日本に渡り、会社員として働く女性。彼女は迎梅(インメー)、紀恵、小恵(シャウフェー…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 山口・周防大島の2歳児見つかる 親戚宅北側山中で
  2. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  3. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  4. 名大・旧制高 「クラス日誌」公開 理系生徒、戦時の本音
  5. シェアハウス不正 スルガ銀、スター銀欺く 融資引き出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです