メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 李琴峰さん 性的少数者の境遇描く

 ■独り舞 李琴峰(り・ことみ)さん 講談社・1728円

 台湾出身の著者が初めて日本語で書いた小説だ。心に傷を持ったレズビアンの主人公が死を考えながら、台湾、日本、豪州と越境する。性的少数者(セクシュアルマイノリティー)の街頭行動「プライドパレード」の場面が象徴的に描かれ、悲痛な物語を現実社会とつなげている。「必要とする人に届いたらうれしい。何かの励ましになればいいなとも思う」と話す。

 主人公は台湾から日本に渡り、会社員として働く女性。彼女は迎梅(インメー)、紀恵、小恵(シャウフェー…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文900文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです