メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大観を語る

海部宣男さん(国立天文台名誉教授) 壮大な立体感

 ハレー彗星(すいせい)は、ほぼ76年ごとに太陽に近づきますが、地球との位置関係により、よく見える場合と見えない場合があります。この絵の1910年の大接近では、地球がその尾の中を通るというので彗星の毒素で生物が死滅するなどの流言が飛び、世界中で騒ぎが起きました。実際、地球はハレー彗星の尾をかすめたので、その前後には長大な…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです