メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

西国街道と旧村語る 絵図や道具展示 伊丹市立博物館 /兵庫

本陣が置かれた昆陽村で大名の滞在を知らせた木製の関札や宿場の役人が身につけた陣笠と羽織=兵庫県伊丹市千僧1の伊丹市立博物館で、近藤諭撮影

 伊丹市を東西に貫く旧西国街道と沿道にあった「旧村(きゅうそん)」と呼ばれた村々を紹介する企画展が市立博物館(市千僧1)で開かれている。街道の絵図、宿場で使われていた道具、史跡や道標の写真など約110点を紹介している。17日まで。

 西国街道は江戸時代の街道の一つ。東寺(京都市南区)から大阪府茨木市や伊丹市、西宮市などを経て西へと続いた。現在の伊丹市に該当する沿道は宿場が設けられ、旅人は酒造りが盛んだった旧村で疲れを癒やした。

 会場には、長州藩が萩城下(山口県萩市)から品川宿(東京都品川区)までの街道周辺の村名や寺社、史跡な…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文625文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  3. 週刊サラダぼうる・TOKIO城島 出会いに感謝 オチなきゃ意味なし
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです