メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊 厚生省研究班も批判 88年「人権侵害甚だしい」

 旧優生保護法下の強制不妊手術に対する国内外からの批判の高まりを受け、旧厚生省内に設置された学識経験者らでつくる研究班が1988年、強制手術について「人権侵害が甚だしい」と指摘する報告書を厚生相に提出したにもかかわらず、事実上放置されたと研究班メンバーらが毎日新聞の取材に証言した。法改定されたのはそれから8年後の96年で、国の統計によると、この間に8人が手術を強いられた。(社会面に「科学の名の下に」)

 公衆衛生、小児科医らで構成する「優生手術の適応事由等に関する研究班」。同省管轄の科学研究費補助金(…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文596文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]