メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

伊能忠敬ってどんな人? 日本初の実測地図 全国を歩いて作製=回答・広瀬登

東京・富岡八幡宮の境内にある伊能忠敬像

 なるほドリ 江戸時代に、全国を歩いて日本地図を作った人がいたって聞いたよ。

 記者 今年、没後200年を迎えた伊能忠敬(いのうただたか)(1745~1818年)のことですね。生まれは千葉の九十九里。17歳で佐原の酒造家、伊能家に婿(むこ)入りし、事業を成功させました。49歳で隠居(いんきょ)すると、江戸で天文学を学びます。その理由は、名を残すために学問を始めたとか、伊能一門に学者がいて負けたくなかったとか諸説ありますが、真相は不明です。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. 夏の高校野球 創志学園の右腕・西「もう勝てると思い…」
  5. 2歳児保護 「よく頑張った」親族ら安堵 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです