メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

伊能忠敬ってどんな人? 日本初の実測地図 全国を歩いて作製=回答・広瀬登

東京・富岡八幡宮の境内にある伊能忠敬像

 なるほドリ 江戸時代に、全国を歩いて日本地図を作った人がいたって聞いたよ。

 記者 今年、没後200年を迎えた伊能忠敬(いのうただたか)(1745~1818年)のことですね。生まれは千葉の九十九里。17歳で佐原の酒造家、伊能家に婿(むこ)入りし、事業を成功させました。49歳で隠居(いんきょ)すると、江戸で天文学を学びます。その理由は、名を残すために学問を始めたとか、伊能一門に学者がいて負けたくなかったとか諸説ありますが、真相は不明です。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文842文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]