メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州

ユダヤ人襲撃多発 中東情勢の悪化背景に 独、目立つアラブ系犯行/仏、「祖国」へ移住顕著に

パリのユダヤ人居住区を歩く、伝統的な黒い帽子とコートを身につけたユダヤ教正統派の男性(左)=パリのマレ地区で5月29日、賀有勇撮影

 欧州でユダヤ人を狙った襲撃事件や嫌がらせ事案が多発し、問題となっている。ユダヤ人差別は従来、極右やネオナチなどの問題とされてきたが、近年ではイスラエルに反発するアラブ系住民・難民やイスラム過激思想に感化された者による犯行が目立つ。危険を避けようと欧州からイスラエルへのユダヤ人の移住も増加し、ユダヤ人社会には不安が広がっている。【ベルリン中西啓介、パリ賀有勇】

 ドイツの首都ベルリンで4月17日、「キッパ」と呼ばれるユダヤ教徒の帽子をかぶった男性(21)に対し…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1478文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです