メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょう世界環境デー

蒸散作用で室外機周囲を冷却 ビル屋上でサツマイモ栽培 省エネ、ヒートアイランド対策

住友商事美土代ビルの屋上に設置された「室外機芋緑化システム」。上方から見ると芋畑に屋外機が並んでいるように見える=日建設計提供

住友商事と日建設計

 地球温暖化が進行する中で、近年、都市部で懸念されているのがヒートアイランド現象だ。そのヒートアイランド現象の有力な対策になると期待されるユニークな試みが都心で進められている。【河出卓郎】

 東京都千代田区神田美土代町の住友商事美土代ビル。屋上は夏になると緑の葉で埋まる。正確には立ち並ぶ空調用室外機を覆うようにサツマイモの葉が茂るのだ。「室外機芋緑化システム」(略称・芋緑化システム)と名付けられたこのシステムは、サツマイモの葉の持つ蒸散作用が気温を下げる効果に着目。室外機周囲の気温を下げることで省エネ効果を得る仕組みだ。

 このシステムは住友商事と日建設計が「次世代オフィスはどうあるべきか」を検討する中で生まれた。サツマ…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです