メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

飼い主と深い絆、鳥の魅力

ヨウムの「あさひ」と次女みさ希さん=東京都内の長岡さん宅で

 言葉をまねたり、手に乗ったりする愛らしさから人気が高まっている飼い鳥(コンパニオンバード)。知名度では犬や猫に押されがちだが、飼い主との絆の深さは勝るとも劣らない。その魅力と飼う際の注意点を取材した。

 「ペカカカカ、ペカカカカ」。午前5時半、東京都内の会社員、長岡潔さん(46)一家の朝は、こんな「アラーム音」で始まる。音の主は枕元の目覚まし時計ではなく、鳥かごの中。大型インコのヨウム「あさひ」が、目覚まし時計の音をまねているのだ。「休日でもかまわず同じ時間に起こしてくれます」と苦笑する長岡さん。家族が起きてこないと、「オハヨウ」「ママー」「オヤツワスレタ?」と、えさをねだる声が続く。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1470文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです