メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

飼い主と深い絆、鳥の魅力

ヨウムの「あさひ」と次女みさ希さん=東京都内の長岡さん宅で

 言葉をまねたり、手に乗ったりする愛らしさから人気が高まっている飼い鳥(コンパニオンバード)。知名度では犬や猫に押されがちだが、飼い主との絆の深さは勝るとも劣らない。その魅力と飼う際の注意点を取材した。

 「ペカカカカ、ペカカカカ」。午前5時半、東京都内の会社員、長岡潔さん(46)一家の朝は、こんな「アラーム音」で始まる。音の主は枕元の目覚まし時計ではなく、鳥かごの中。大型インコのヨウム「あさひ」が、目覚まし時計の音をまねているのだ。「休日でもかまわず同じ時間に起こしてくれます」と苦笑する長岡さん。家族が起きてこないと、「オハヨウ」「ママー」「オヤツワスレタ?」と、えさをねだる声が続く。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです