メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食・FOOD

梅雨にエスニック ゆううつなど吹き飛ばして

冷やしトマトと豚しゃぶのエスニックそうめん

 <くらしナビ ライフスタイル>

     湿気が多い梅雨の季節。気分もジメジメしがちだが、暑い国の料理で元気に乗り切りたい。家庭で楽しめるエスニック料理を、料理研究家で管理栄養士のエダジュンさんに教えてもらった。

     ナンプラーやスイートチリソース。エスニック料理に欠かせない調味料は、スーパーマーケットなどで手に入りやすくなってきた。エダさんは「身近な調味料からそろえてみては。料理の幅が広がります」と話す。

     「冷やしトマトと豚しゃぶのエスニックそうめん」は、香味野菜がさっぱりとした一品。ナンプラーはトマトと相性が良く、ショウガが利いた濃いめのたれをよく混ぜていただく。ビタミンB1を含む豚肉を使うため、天候の変化で疲れやすい時期の疲労回復にも効果的。豚肉は硬くならないように、いったん氷水でしめる。食欲がなければ、そうめんを春雨に変えてもいい。

     ナンプラーはメーカーによって魚の発酵具合や塩味などのバランスが異なる。見た目では分からないので、まずは小さめのボトルで自分の好みの味を探すのがお勧めだ。パクチーはお好みで適量を。葉がしっかり緑色を保っているものを選ぶのがコツ。茎が細い方が優しい味わいで食べやすい。根が付いていればぬれたキッチンペーパーで巻き、冷蔵庫の野菜室で立てて保存する。パクチーが苦手なら大葉や三つ葉でも代用できる。

    オクラの肉巻きスイチリバター炒め

     「オクラの肉巻きスイチリバター炒め」は、バターのコクがスイートチリソースとよく合う。辛さも和らぎ、子どもも食べやすい。ガクを回し切るため、旬のオクラが丸ごといただける。豚肉がはがれないように、巻き終わりを下にして焼き始めるのがコツだ。「スイートチリソースとバターの組み合わせは万能」とエダさん。缶詰のコーンと合わせれば、コクがあって甘辛いおつまみになる。

    パクチーと水菜のエスニックサラダ

     エスニック料理の本場、タイやインドネシアは海に囲まれ、「カピ」と呼ばれるエビの発酵調味料が炒め物などによく使われている。このエッセンスを取り入れたのが「パクチーと水菜のエスニックサラダ」だ。

     手に入りやすい桜エビと焼きノリで磯の風味を加えた。葉物野菜はしっかり水気を切るのがポイント。ドレッシングにゴマ油やすりおろしニンニクを使い、サラダだが食べ応えがある。今回はパクチーと水菜を両方使ったが、パクチーだけでも楽しめる。いりゴマをかけてもおいしい。

     エダさんは年1回はタイを訪れ、屋台などで食べ歩きをしているという。「少しの驚きと発見があるレシピを心がけている。気軽に食卓でエスニック料理を楽しんでもらえたら」と語る。【椋田佳代、写真・根岸基弘】=次回は「衣」です


    冷やしトマトと豚しゃぶのエスニックそうめん

     《主な材料》(2人分)

     ▽そうめん        2束

     ▽トマト         1個

     ▽豚肉(しゃぶしゃぶ用) 100グラム

     ▽紫タマネギ       1/4個

     ▽たれ(赤唐辛子1本、すりおろしショウガ2片分、市販の薄めないめんつゆ大さじ4、ナンプラー大さじ1、レモン汁大さじ1、ゴマ油小さじ1)

     《作り方》

    <1>冷蔵庫で冷やしたトマトはくし切りにする。タマネギは薄切りにして水に5分ほどさらし、水気を切る。赤唐辛子は種を除いて輪切りにし、たれの材料と合わせる。

    <2>たっぷりの湯を沸かし、豚肉に火が通るまでサッとゆでて、氷水で冷やす。

    <3>そうめんはたっぷりの湯を沸かし、表示時間の通りにゆでて氷水でしめる。

    <4>器に(3)と(2)、トマトとタマネギをのせて、たれをかけてお好みで氷を添える。


    オクラの肉巻きスイチリバター炒め

     《主な材料》(作りやすい量)

     ▽オクラ       6本

     ▽豚バラ薄切り肉   6枚

     ▽塩、黒コショウ   少々

     ▽かたくり粉     適量

     ▽サラダ油      小さじ2

     ▽スイートチリソース 大さじ1

     ▽バター       10グラム

     《作り方》

    <1>オクラはガクを回して切る。オクラ全体を覆うように豚肉を巻き付けて、塩と黒コショウで味付けし、薄くかたくり粉をまぶす。

    <2>フライパンにサラダ油をひき、巻き終わりが下になるようにして置き、中火で焼く。肉から出てくる脂をペーパータオルでふき取りながら、全体に焼き色をつける。

    <3>弱火にして、バターを溶かして絡め、最後にスイートチリソースで味付けをする。


    パクチーと水菜のエスニックサラダ

     《主な材料》(2人分)

     ▽パクチー   50グラム

     ▽水菜     1束

     ▽桜エビ    10グラム

     ▽ノリ(全形) 1枚

     ▽塩      少々

     ▽A(すりおろしニンニク1/2片、ゴマ油小さじ2、ナンプラー小さじ2、レモン汁小さじ2)

     《作り方》

    <1>パクチーと水菜は3センチ幅に切る。ノリは食べやすい大きさに手でちぎる。ボウルにAを合わせる。

    <2>ボウルにすべての材料を加え、よくあえる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]