メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

土俵を支える 来場者に配られる取組表などを作製 河井秀孝さん(43)

印刷した取組表を手にする河井さん

星取表ソフトで自動化

 社長を務める印刷会社は90年以上、本場所で協会関係者や来場者に配布される印刷物を作製しています。曽祖父から大相撲の仕事をするようになり、私が4代目。会長の父も健在ですが、専門学校を卒業して家業に就いて23年になります。

 作製する印刷物はさまざま。来場者に毎日配布される「取組表」には、片面は全取組と懸賞、片面は幕下上位以上の場所中の成績が刷られています。手にすれば、その日の見どころが分かるパンフレットみたいなものです。他にも、千秋楽後に市販される全力士の成績を記した「星取表」なども作っています。

 取組表は今年初場所からカラーになりました。これは日本相撲協会側が、カラーの「台紙」を準備してくれた…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです