メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

土俵を支える 来場者に配られる取組表などを作製 河井秀孝さん(43)

印刷した取組表を手にする河井さん

星取表ソフトで自動化

 社長を務める印刷会社は90年以上、本場所で協会関係者や来場者に配布される印刷物を作製しています。曽祖父から大相撲の仕事をするようになり、私が4代目。会長の父も健在ですが、専門学校を卒業して家業に就いて23年になります。

 作製する印刷物はさまざま。来場者に毎日配布される「取組表」には、片面は全取組と懸賞、片面は幕下上位以上の場所中の成績が刷られています。手にすれば、その日の見どころが分かるパンフレットみたいなものです。他にも、千秋楽後に市販される全力士の成績を記した「星取表」なども作っています。

 取組表は今年初場所からカラーになりました。これは日本相撲協会側が、カラーの「台紙」を準備してくれた…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1071文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです