メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

道産子が再台頭 アマ不毛の地、脱却の兆し

夏場所で新入幕三賞を果たした旭大星=宮武祐希撮影

 大相撲夏場所は、道産子力士の活躍が光った。北海道出身者で26年ぶりの新入幕を果たした旭大星(28)=友綱部屋=が10勝を挙げて敢闘賞。十両では矢後(23)=尾車部屋=が十両で初めて勝ち越し。幕下5枚目の一山本(24)=二所ノ関部屋=も勝ち越すなど力をつけてきた。出身地別で十両、幕内、三役と戦後最多の力士数を誇る北海道。再台頭の要因や、これまでの低迷の背景を探った。【飯山太郎、吉見裕都】

 旭大星は、北海道出身では1970年夏場所で技能賞を獲得した大受(後に大関)以来の新入幕三賞を果たし…

この記事は有料記事です。

残り1726文字(全文1971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  3. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  4. 内閣支持率37%、不支持率40% 2カ月ぶり逆転 毎日新聞世論調査
  5. 粗悪学術誌掲載で博士号 8大学院、業績として認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです