メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

3バック、有効な選択肢=柱谷幸一

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、日本代表が3バックに取り組んでいる。5月30日のガーナ戦では、最終ラインの中央に長谷部(アイントラハト・フランクフルト)、右に吉田(サウサンプトン)、左に槙野(浦和)と並べた。日本はこれまで4バックで戦ってきた。西野監督は「いろいろな状況に対応できるようにしたい」と、3バックへのトライを話す。

 3バックの利点はピッチの横幅、68メートルを守る人数が増える点にある。3バックと言うが、左右のウイ…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです